環境ホルモン|キレる子供にしないための食育

 環境ホルモンとは、ダイオキシン、PCB、ビスフェノールA、フタル酸化合物などホルモンバランスを乱す化学物質のことで、 PCBやダイオキシンは分解しにくく、生体での蓄積性が高いといわれます。
カップめんの容器や食品トレーなどに使われるポリエチレン製の容器中に、生物のホルモンの働きをかく乱することが疑われている 「内分泌かく乱化学物質」(環境ホルモン)が含まれ、容器から溶け出す恐れもあるという分析結果が、 国立医薬品食品衛生研究所から出ています。


ドイツでは数年前から環境団体、マスコミを通じて環境ホルモンの危険性が報じられています。
一説には、男性の不妊の原因として、人の精液量・精子数の減少、 精子の運動率の低下、精子奇形率の増加等(ただし、これを否定する研究もある)について、 環境ホルモンの影響が疑われているとも言われています。



▲ このページのトップへ

MENU

Copyright (C)キレる子供にしないための食育の情報集 . All Rights Reserved.