栄養バランスの色|キレる子供にしないための食育

栄養バランスを考えた献立を考えましょうと、いわれても、これがなかなか難しいんですよね。
栄養のバランスっていっても、幼い子供たちに教えるのは、難しいですね。
  食べ物の色のバランスで考えましょう。色とりどりの色合いのある献立が並ぶと、食卓も華やかに、食事もおいしそうに見えます。 毎日の食事を、ご飯やパンの主食、味噌汁やスープの汁物、肉や魚の主菜、サラダやおひたしなどの副菜の4つのお皿が並ぶようにしましょう。
色が豊かな野菜を毎回献立の中に入れるようにして、自然に野菜が取れるように心がけましょう。 子供が嫌いな人参も細かくしてチャーハンの彩りに使うとか、自然に口に運ばれるようにしてみましょう。

白い色は主食、茶色は汁物、赤い色は肉や魚の主菜、緑は野菜の4つにわけると、炭水化物、タンパク質、野菜などのビタミンなどが、バランスよく とれるようになります。 およその4つの色がそろうかどうか、毎食、考えて献立を考えましょう。
子供たちも、今日は4つの色がそろって食べられたかなと、頭で食べられるようなってくれると嬉しいですよね。

食事だけではなく、子供の排泄がどうなっているかも、みてあげましょう。 便秘をしていたら、野菜などの繊維分が不足しているかもしれません。健康な排便についても、自分の目で確かめて、 自分で健康管理ができるようにしましょう。



 



▲ このページのトップへ

MENU

Copyright (C)キレる子供にしないための食育の情報集 . All Rights Reserved.