地産地消

地産地消とは、地域で生産された農産物や水産物をその地域で消費することをいいます。   最近では、どの地域でも、地産地消を推進していますね。海外からの安い農産物に、日本の農産物がなかなか消費されにくくなったり ということもあり、日本の農業、水産業を活性化させることからも、地産地消が勧められています。

住んでいる地域で作られた食物を消費するということは、自分の目でどのように作られたものか確かめることも可能です。 自分の目で、自分の口にする食品が安全かどうかを確かめるという意識を養うことも、これからの子供たちには必要ですね。


  地産地消で、近所の農家で、野菜がどのように作られるのかを見ることで、 生産者の苦労を知り、大切に食材を調理するという意識が育つのではないでしょうか。

食べ残しも当たり前、捨てる食材も多くなっていませんか。 食の命を大切にするということも、子供たちに教えていきましょう。 消費だらけの日本ですが、世界には、まだまだ食べるものも食べられずに、なくなっていく子供たちも たくさん存在するということも忘れてはいけませんね。



地球温暖化のことも考えると、二酸化炭素の排出を抑えるためにも、輸送にエネルギーを消費しない地産地消の食材がいちばんですね。

━★「NPO日本食育インストラクター協会」認定!正しい「食」を学ぶ講座 ★━
「服部幸應の食育インストラクター養成講座」



 



▲ このページのトップへ

MENU

Copyright (C)キレる子供にしないための食育の情報集 . All Rights Reserved.